メイン


2010年9月25日

続 中国船 船長釈放について

中国船の船長釈放について多方面から批判の声があがっている
。外交的敗北だ、とみんなの党 渡辺喜美氏。自民党からも安倍晋三氏などが痛烈に批判。
当たり前だ。
検察が『日中関係を考慮して』処分保留の釈放を決定したと。
検察が外交的配慮 そんな配慮で検察独自で釈放なんてできるのか
菅総理は、検察独自の判断であり、その決定を尊重するなどと間の抜けた事を言っていたが、そんな事が通用すると思っているのか
政治判断を総理がしたと言った方が同じ批判されるのでもよっぽどしっくりくる。
国民は政治に対して失望した事だろう。特に沖縄の尖閣諸島周辺の漁師さん達は、これからとてつもなく不安だろう。
中国船を違法操業で拿捕しても、検察の判断で勝手に釈放されるのであれば、わざわざ面倒な事を海上保安庁もしなくなるのは明らかだ。
これから外交的にも大変だが、国内でも大問題となるだろう。

中国の反応はどうか。
やはり強腰外交で中国の勝利と伝えている。
韓国は、日本が圧力に屈して白旗を挙げたと日本の外交的敗北を強調して報じている。
アメリカやイギリスの報道でも日本が圧力に屈したとみている。

中国は日本を試していたのだ。前回も書きましたが、天皇陛下への面会を、ルールを無視させる形で実現させ、今回は圧力をかけて日本を屈伏させる。
もうこれで中国は、完全に日本はどうとでもなると確信した事だろう。
中国の軍拡に脅威を感じるアジアの周辺諸国も、『日本など頼りにならない』とはっきり自覚した事だろう。
今回の中国船の船長釈放は日中関係だけではない。日本という国の威信やプライドを放り投げ
、世界からの信頼も失ったのだ。
野党 自民党が頑張って、国の威信を回復するよう努めて欲しい。もうこの政権には日本を担っていく能力はない。地方議員や地方自治体からも、これからは声を大にして意見していかなければならないと思います。でなければこの国は本当に滅びます。
私もこれから更に叫んでいきます。



続 中国船 船長釈放について

中国船の船長釈放について多方面から批判の声があがっている
。外交的敗北だ、とみんなの党 渡辺喜美氏。自民党からも安倍晋三氏などが痛烈に批判。
当たり前だ。
検察が『日中関係を考慮して』処分保留の釈放を決定したと。
検察が外交的配慮 そんな配慮で検察独自で釈放なんてできるのか
菅総理は、検察独自の判断であり、その決定を尊重するなどと間の抜けた事を言っていたが、そんな事が通用すると思っているのか
政治判断を総理がしたと言った方が同じ批判されるのでもよっぽどしっくりくる。
国民は政治に対して失望した事だろう。特に沖縄の尖閣諸島周辺の漁師さん達は、これからとてつもなく不安だろう。
中国船を違法操業で拿捕しても、検察の判断で勝手に釈放されるのであれば、わざわざ面倒な事を海上保安庁もしなくなるのは明らかだ。
これから外交的にも大変だが、国内でも大問題となるだろう。

中国の反応はどうか。
やはり強腰外交で中国の勝利と伝えている。
韓国は、日本が圧力に屈して白旗を挙げたと日本の外交的敗北を強調して報じている。
アメリカやイギリスの報道でも日本が圧力に屈したとみている。

中国は日本を試していたのだ。前回も書きましたが、天皇陛下への面会を、ルールを無視させる形で実現させ、今回は圧力をかけて日本を屈伏させる。
もうこれで中国は、完全に日本はどうとでもなると確信した事だろう。
中国の軍拡に脅威を感じるアジアの周辺諸国も、『日本など頼りにならない』とはっきり自覚した事だろう。
今回の中国船の船長釈放は日中関係だけではない。日本という国の威信やプライドを放り投げ
、世界からの信頼も失ったのだ。
野党 自民党が頑張って、国の威信を回復するよう努めて欲しい。もうこの政権には日本を担っていく能力はない。地方議員や地方自治体からも、これからは声を大にして意見していかなければならないと思います。でなければこの国は本当に滅びます。
私もこれから更に叫んでいきます。



最低最悪の結末

中国船の船長を釈放 考えられない馬鹿げた判断を日本政府はしてしまった。本当に暴挙!
河北省で日本人四人が拘束されて縮みあがってしまったのか!
レアアースの禁輸なども含めて対抗措置にきまっているじゃないか!日本経済がたちゆかなくなる?今後の日中関係を考慮して?そんなことよりも中国の圧力に屈しない事を世界にも日本国内にも見せつける事の方が遥かに大事だ!
いつから経済一辺倒で、誇りをいとも簡単に捨てる国になったのか!
これで中国は天皇陛下への無理矢理の面会とあわせ、日本は圧力をかければすぐに屈すると確信したはずだ。日本が中国の属国となる日は近いな。
菅総理以下、政府首脳は、今生きる日本人や日本の国益だけでなく、先人が命をかけて守ってくれた、日本の誇りをいとも簡単に投げ捨ててしまった責任は重い!その事をよく憶えておく事だ。
どうしようもない脱力感に襲われる…もうこんな売国政権に日本を任せる訳にはいかない。党派を超えて心ある政治家が、一日も早く結集する事を望む!



2010年9月14日

再選。本気で変われるか。

菅総理が民主党代表再選。予想を上回る大差での勝利でした。
私は小沢さんの登壇する際の顔を見て、清々しいものを感じました。その清々しさが何を意味するかわかりませんが、これだけの差で敗れた以上、党を割って出るなんていうのは恥ずかしい事です。
当分、挙党態勢への協力をしなければならないでしょうね。
ただ…小沢さんが総理になるのが旧態の政治の終わりの始まりと言い続けてきた私としては、『まだ小沢時代は終わらないのか…』という思いもあります。
さて、今後の人事がどうなるか。それによってはまたまた動乱の引き金を引くことにもなりかねません。
まだ当分目が離せませんね。
あと若手の台頭にも期待 勇気を持って飛び出してきてほしいですね。



最近あれこれ思うこと。

柔道の世界選手権 無差別級、男女とも日本勢が金メダル!大分出身の穴井選手も金メダルで、今回の日本勢は本当に凄かった
!99年大会の金メダル8個を抜いて10個の快挙です。
今回の大会は世代交代や王者の入れ替わりが多かった気がしますね。政界でも世代交代を期待しましょう。

中国の日本人学校に鉄球みたいなものが投げ込まれ、窓ガラスが割られたそうな。今回の尖閣諸島での中国船の違法操業を巡っての嫌がらせだろう。
船長を帰国させずに政府は毅然たる態度で臨んでいる(珍しく)ので、中国側も以外に思っているのではないか。
とにかく他国が領有権を主張してくるのは今までの日本政府の主張が問題なのであって、キチンと自衛隊駐留や石垣市のシンボルでも何でもいいから、高々と掲げるべきだ!

鈴木宗男議員も収監される。一年半の事実上の実刑となるらしい。私は東京で秘書をしている時、自民党本部の朝の部会に毎朝欠かさず出ていた。その時にいつも会議で怒鳴り散らしていたのが鈴木宗男さんだった。
イヤな男だなと思っていたが、鈴木宗男さんの議員人生ほど波乱に満ちたものはなかっただろうなぁとも思う。
疑惑に対しての判決は恐らく、それに近いことが行われていたのだろうと感じる。しかし、それが旧態の政治家の大きくなる為の手段そのものだったのだと思う。田中政治とでもいうその手法を当たり前の様に駆使してここまでの地位に登りつめたのでしょう。
しかし、それは現代の常識では通用しない。
係争中も大病を患い、大手術とその後のリハビリ。その頃から何かこの人に対しての見方が変わった。何とも良い顔になったなぁと感じた。出世から転落、大病と、本当に大変な思いをし、またその間の周辺の人間の温かさや冷酷さなども肌で感じてきたのでしょう。
出所しても選挙に出馬できるのは少なくとも6年後。バッチをつけてなくても、議員でなくとも政治家。今後の鈴木宗男さんの政治家としての終わりまで見てみたい。

そして今日はいよいよ民主党の代表選。どちらが新しいリーダーとなるのか。どちらが勝っても売国外交になりそうな気がするが、国内景気や円高の問題もさる事ながら、日本国の魂を傷つける事のない、国益を守る政治に徹してもらいたい。



2010年9月12日

理想の負け方

昨日は県体の議員ソフトボールがありましたが、いろいろありまして主力選手が昨年から数人抜けてしまいました。(お察しください)その影響からか、接戦となりましたが結果は日田市に逆転サヨナラ負け。残念な結果でしたが、皆が口を揃えて言うのに、『理想的な負け方』。
わざと負けられないし、しかし勝ってこれ以上プレイすると熱中症が心配…という訳です。
日田市の議員さん達も昨日はわざわざ別府で泊りの宴会だったと聞いていますので、おもてなしの心での敗戦ということで。
そして今日は敬老祝賀会。
例年に比べかなり参加者が少ない。お聞きすると、やはり暑さの影響でなかなか外出したがらないのだとか。それでも例年以上の盛り上がりで盛況でした。
やはりこの70才以上の高齢者が、別府では一番元気が良いですね。若いのも負けておれません!いつまでも健康で、お元気にお過ごしいただきたいと思います。さてこれから体操協会の県体慰労会です。夏は以外と痩せずに全体的に太る人が多いそうですね。飲み物を飲み過ぎるのだそうです。飲み過ぎ、食べすぎに注意しましょう。



2010年9月 2日

衝撃の言葉

以下は私の尊敬する高杉晋作と、師 吉田松陰先生とのやりとり。
私の行動の原点ともなった言葉で、脳天を叩き割られる様な衝撃を受けました。
 

高杉晋作に、「男子はどこで死ぬるべきですか」と、男子の本懐(ほんかい)を問われた際、松陰は直ぐに確答できなかったことがあった。
 しかし「不朽の見込み」があるならば、という条件付きで、その答えを手繰(たぐ)り寄せる。
 そして至った結論はこうであった。
 「死は恐れるものではない。また憎むものでもない。生きて大業(たいぎょう)を為(な)す見込みがあるのなら、いつまでも生きたら宜しかろう。死して不朽の見込みがあるのなら、いつどこで死んでも宜しい。要するに、死を度外視して、為すべき事が大事である」と説く。

 以降、こうした死に態(ざま)の示唆(しさ)は、高杉にとって、大きな運命を決する方向性を与えた。
 「潔(いさぎよ)く死ぬ」という武士道観に加えて、単に死ぬ事だけが美学とするこれまでの武士の固定観念は、「犬死」を避けて、「不朽の見込み」のある場所に限りと限定が付いた。
 こうした松陰の遺志を最高に実現させ、見事の維新迄引き摺(ず)って行った橋頭堡(きょうとうほ)を築いたのは、高杉晋作であったが、その晋作の死に態(ざま)を支えたのは処刑寸前の松陰であり、「死して不朽の見込み」ありとその行動原理の原点を示したのは松陰自身であった。


私も、生き死にさえ度外視して、愚直にべっぷの将来に対して戦います。


長野やすひろのひとこと
携帯版ホームページQRコード 龍馬プロジェクトページへ 林英臣政経塾ページへ 別府市ページへ 別府市議会ページへ 自民党大分県支部連合会ページへ