メイン


2010年8月27日

決定

一般質問の日にちと時間帯が決定いたしました。
私の出番は…一般質問2日目、8日の最後。だいたい15時くらいからのスタートです。
以前はクジ運が良く、初日の1番が3回ほどありますが、最近クジ運悪いですねぇ。
眠気も吹っ飛ぶ質問します!
ぜひ傍聴に来てください。



2010年8月26日

一般質問完成

来月から始まる9月議会の一般質問の内容が固まりました。
明日の12時が質問通告の締切です。いろんな理由で過去2つの定例会で質問を見送ったので、今回は厳しい質問になると思います。
具体的には、来年度予算編成について、行財政構造の正常化について、別府市の将来像について、海岸整備事業のその後について、観光宣伝について、公約とその責任について、というのが主なところです。
質問の日程も明日決まります。
ケーブルテレビでも、足を運んでいただいても大歓迎ですが、是非ともご覧ください。



2010年8月25日

人材こそ宝!

先日、大勢の学生達に囲まれて楽しい話を聞かせてもらいました。別府の宝はこの人材にあると言えますよね。
これから、この様な学生達と共同で、夢のある事業を進めて行きたいと思います。具体的には…まだまだ明かせませんが、数万人規模のすごいイベントや仕掛けができそうです!
しかし学生は元気いいです。
私もまだまだ…と思っていましたが、最後までは付き合えん!



2010年8月21日

夏も終わりに…

慌しかったお盆もあっという間に過ぎ去り…もうすぐ夏も終わりですね。本当に早い。
お盆前には「政治家天命講座」の八月合同例会に出席し、とんぼ返りで羽室台高校同窓会の開催、盆明けすぐには出張で…やっと帰ってきました〜。
この土日もイベント目白押し。また走り回る事になりそうです。
国政もまた風雲急という雰囲気ですね。民主党代表選、まさかのあの方が出馬を検討とのこと。ここまで政権も民主党も、国民感情に鈍感になっているのか。末期ですね。蓮舫氏も出馬するのは自由だし権利があると。本心ですか?
しかしこの20年は小沢さんの歴史だと言って間違いないでしょうね。ここまで存在感ある政治家はいなかったでしょう。
あの小泉さんでさえ、小沢さんの引き立て役だったのかと今では思えるほどに。
何はともかく、国会議員は国の代表です。世界の国々の議員から、我が国の国会議員はどの様に見られているのだろうか。
きっとくみし易しと思われているのでしょう。大局に立ち、国益を損ねない様にしていただきたい。
9月1日からは議会の開会です。今回は厳しい質問になるでしょう。また日程決まり次第、お知らせさせていただきます。ぜひ足をお運びください。お待ちしています!



2010年8月 8日

上海万博 公式訪問団 総括

少し遅れてしまいましたが、以前からお知らせしておりました別府市の上海万博 公式訪問団の私なりの総括をさせていただきます。
皆が揃って今回のイベントを、『成功した!成功した!』とはしゃいでいるのを少し冷静な目で見ています。

その理由をいくつか述べます。

少なくともかけた金額の割に、イベントでの別府のアピールは十分出来ませんでした。
それはイベントスペースがものすごく狭く、一度に入る事ができるのはせいぜい250名程度。入れ替わり立ち替わりがあってもワンステージで延べ500名がいいところだと思われます。
それが一週間続いても3500名程度のお客さんに見てもらったに過ぎません。10億人のマーケットの開拓がこれで十分だったのか…

ならば夜に唯一、一度だけ行われたエージェントなどを招いてのレセプション、『別府観光の夕べ』で別府を売り込むしかない。しかし、このレセプションはお客さんよりも日本人だけが勝手に盛り上がり、結局多くのお客さんに不愉快な思いをさせるレセプションとなってしまった。申し訳ない思いです。
ホスト役としての仕事を何と考えているのか

また、公費で派遣されている方々が、公式行事を欠席して、自由行動をしているとの指摘もあり、その点も責任問題が問われかねない。

その様な中、市役所の観光課の方々、観光協会の職員のご苦労には本当に頭が下がる思いだった。事前に送っておいたはずの荷物がどこにあるかわからない等のハプニングの連続で、食事も睡眠も取らないまま働きずめで大変な思いをされているのを目の当たりにして、職員皆がこの様な使命感を持って働けば、別府のこれからも明るいなぁと光明が見えた。

踊りを披露していただいた商工会議所女性会の方々にも感謝を申し上げたい。
随分前から稽古を重ね、万博会場では雨でびしょ濡れになりながらも浴衣姿でパンフレットを配布し、レセプションでは稽古の成果を十分に発揮していただき、花を添えていただきました。女性会の方々は、今回自費で参加していただいたとお聞きしていますが、女性会にこそ公費での補助を出すべきではなかったかと、今更ながらに思っています。

全体的に批判が多かったかもしれませんが、やはり税金で訪問するのですから、悪いものは悪いとハッキリ誰かが言うべきだろうと思います。そして、この教訓を生かし、今後の誘客活動に有効な手段は何かを戦略的に考えていくべきでしょう。

別府の就業人口の約八割はサービス業に従事している方々です。やはり観光振興しかないのです。国内の誘客にも限界があります。これからは外貨を稼いで、そのお金で市民に満足できるサービスを提供するしかないのです。これからの一期四年間は、今後の別府の50年先、100年先の未来を占う四年間です。
私にも自分にしかできないと考えている目標やビジョンがあります。残りの任期、その事を精一杯訴えていきたいと思います。


長野やすひろのひとこと
携帯版ホームページQRコード 龍馬プロジェクトページへ 林英臣政経塾ページへ 別府市ページへ 別府市議会ページへ 自民党大分県支部連合会ページへ