メイン


2008年10月31日

カブ上がれ〜

きのう政府から追加経済対策が発表されましたね。事業総額として約27兆円弱。生活対策として発表されたこの補正予算が、本当に経済の活性化に直結してくれる事に期待したいですね。目玉は全世帯が対象となる定額減税で、4人家族で6万円程度の減税となるらしい。貰えるものは当然もらいたいし、嬉しいですけど…これだけが景気の底上げになるわけはないですよね。ですが、国民全体が恩恵を直接受けることができる経済対策といえばここが限界なんでしょうね。個人的に以外と効果が有りそうだなと思うのは高速道路料金の大幅値下げ。どこまで行っても最高額を千円にするとか。高速料金が安くなれば、マイカーで出かける機会が増える動機の1つになりますよね。私自身を考えても、車で福岡まで行って都市高速まで乗れば約4千円かかるんですよね。千円になれば、少しお出かけしつみようかという気分にはなります。その他で目を引くのは、中小企業に対しての融資や保証枠の拡大も謳われています。どう考えても実態経済とはかけ離れたところにいると思われる現在の
状況で、特に中小企業は一気にその煽りを受けていますね。少し前まですごく健全な経営をしていた会社が、今や倒れる寸前といった状況も生まれています。今資金を入れて、少し耐えれば必ずまた良い会社になるという現状もたくさんあります。そのような中小企業の為にも、政府が直接支援に乗り出すのは意義が深いと思いますよね。
いつも経済対策とか金融対策とか、また株価の話になると個人的に思い出すのが小渕元総理。どこかの八百屋で野菜のカブを両手に掲げて、『カブ(株)上がれ〜』と言って笑う姿が目に焼き付いてます。小渕元総理も亡くなり、現政権では娘さんの優子さんが閣僚となり頑張っています。そんなに前の事じゃない気がしますが、もうそんなにも経つのかなぁとしみじみ思ってしまいますねぇ。
とにかくいつの政権でも景気対策は重要な課題です。今回も事業総額で27兆円にも上る経済対策ですから、出来るだけ早い効果が生まれる事を期待しましょう。敢えて私が言うとすれば、もう少し低・中所得者に配慮した、恩恵が受けれる減税や、更には国保税や介護保険の軽減に繋がる対策を考えてほしかったというところでしょうか。
実際の財政支出は5兆円になるという話ですから、財源をどこに求めるかによりますが、恐らく国債発行に依存してしまう事になるのでしょう。ですから出る話ばかりではなく、入りの話も正直にしなくては、ということで総理の口から3年後の消費税上げの話も出たのでしょう。確かに消費税が上がるのは困りますが、消費税を上げなくても必ずどこかでお金を集めないと社会構造上確実に行き詰まるのは目に見えてます。
暗い話ばかりのような気がしてなりませんが、前向きに前向きに進んでいくしかありませんよね。手っ取り早く減税分の6万円でもいただいて旅行にでも行き、高速道路に乗り千円払って景気回復の一助にしたいと思います!!



2008年10月29日

結果どうなるか

先日、久しぶりに羽室台の同窓会と歴代校長先生方、歴代PTA会長の皆様、学校関係者の方々との会がありました。この会は『ビジョン委員会』と呼ばれ、文字通り羽室台の将来を見据えた提言をしていく会です。羽室の特色である外国語科も元はといえばこの委員会での提言があってのものです。
先日行われたビジョン委員会での話題はもちろん学校統合問題。皆さんが一様に言うのは、『別府に公立高校が2校というのは論外』ということで、創立の精神からして、人口が増え続ける北部地域を拠点とした学校が必要ということがあっての事で、しかも現在も市内でも多くの学生が通う2つの中学校を抱えた地域です。地域のバランスも考慮した上で、市内に公立高校が3校が絶対に必要です。前回のブログに司法試験の話を載せましたが、その話とこの高校の統合の話が重なると書きましたが、一体どこが重なるのか?それは統合を進めて市内公立2校になった場合、進学拠点校である鶴見丘の定員が80人程度増えます。その時に高いレベルの80人が増えればいいですが、下のレベルの80人が集まることが容易に想像できますよね。そうなると拠点校としては全体のレベルの低下に繋がります。そうならなかった場合はもっと最悪です。市外からレベルの高い生徒が入ってきて、地元の生徒達は押し出されてしまいます。別府の子ども達には公立高校が全く狭き門になってしまうわけですね。
前回の法曹界の話と似た話じゃありませんか?私は今まさに、こんな事が起こることを阻止しようと行動しているのです!まだまだこの様な事実を知らない市民の皆さんが多すぎます。できるだけこの事実を知ってもらえる様に、近くシンポジウムの開催やビラの作成を計画してますので是非ともご協力お願いいたします!



2008年10月 8日

法曹の世界

ここ10年で司法試験合格者が約2倍に増えたとか。10年前には毎年約1000人の合格者を出していたのが、今では毎年約2000人がこの難関を通過しているそうです。その結果現在どの様な状況になっているのか。法曹会全体のレベルが下がっているということです。合格者を倍にしても上のレベルの合格者が増えず、下のレベルばかりが増えていき、全体のレベルを下げてしまうのですね。当然といえば当然です。日本ではまだまだ訴訟とか裁判などは遠い存在ですよね。弁護士を増やせばそれだけ訴訟が身近になると言いたいのでしょうが…それも考えものだなぁと考えてしまいます。
言葉の意味を間違っていたり理解できていない試験合格者も多いといいますからね。私の知り合いにも親しい弁護士の友人や先輩がいますが、同じ様な方法を採ったドイツでは、弁護士の仕事がない弁護士が増え、普段はタクシードライバーを兼任している弁護士も多いといいます。だから量より質の問題なのだとつくづく思いますね。今回は法曹会の事を書きましたが、実はこれは別府の場合、今まさに県教委が強引に推し進める高校の統合と重なるのです。どこがどう重なるのか?とお思いでしょうが…次回そのあたりを説明しますね!

あと国体が終わりましたね。選手の皆さん、素晴らしい演技をありがとうございました。関係者の方々、大変お疲れ様でした。
今回いろんな場所で、市役所の職員の皆さんにお会いしました。スタッフとして懸命に走りまわる姿を見て、職員1人1人が国体を盛り上げようという意識を強く感じました。これこそまさに、国際観光都市の姿ですね。
そして大分は見事全体の天皇杯、皇后杯を獲得!
ホントに良かったですね!



2008年10月 5日

お見事!

2008100117360000.jpg

バタバタと始まった国体も、新体操・体操競技が1日をもって全日程を終了しました。選手達、本当に頑張ってくれました。結果は女子総合1位で皇后杯獲得!男女総合1位で天皇杯獲得!写真はその証の賞状です。国体準備をしていた1年前からすると夢のような話です。時間も金も無い、全てが無い無い尽くしでスタートしました。開催県が1位を獲るのはいわば慣例となっています。だから今回は何が何でも大分が!と言いたい所ですが、今回は無理して獲る必要はないんじゃないか、と正直思ってました。しかし、梶田体操協会理事長や体操関係者の熱い想いで協賛金を募り、選手を呼び寄せ、オリンピックの元金メダリストの先生を指導者にお迎えし、全員の心を1つに、総出でこの偉業を成し遂げました。
私は体操協会の会長といいながら、直接体操競技をしている訳ではありませんが、長い間体操の普及に力を注いできた方々は言い表せない最高の気分でしょうね。選手の皆さんには、素晴らしい演技を、感動をありがとうと何度でも言いたいと思います。
さぁ〜あとは全体の優勝、天皇杯獲得ですね〜。連日県選手の活躍が報道されてますが、絶好調の様ですね!この調子で一気にいってもらいましょう!



2008年10月 3日

全てが間違いでしょうか!?

先日からの続きです。先般中山国土交通大臣が辞任されました。理由は皆さんもご存知の通り、単一民族発言や日教組発言です。
単一民族発言の件は配慮を欠いていたなと思います。日教組の子どもは頭が悪くても先生になるから、大分県は学力が低い、という発言も配慮を欠いた発言だと思います。
しかし、大分の学力が全国平均を多くの科目で下回っているのは事実でしょう。他の県に関しては、充分な調査をしていないのでハッキリとは言えませんが。
今回の大分県の教員採用や昇任をめぐっての汚職事件では、県教委の幹部や政治家以外にも、県教組からの口利きがあったと逮捕された幹部が自供しています。県教組は否定していますが…。私が言いたいのは、日教組が強いから大分は学力が低いとかナントカではなく(まあそれも含まれるのかもしれませんが…)、現在の日本の教育が素晴らしい、素晴らしかった満足するような現状ですか?という大きな問いです。
私はハッキリ『NO!』だと考えています。ゆとり教育が間違いであったことは今や明白です。しっかり教えていくべきは教えていかないと、この様な悲惨な結果になるのです。この教育方針を推進したのは最終的には文部科学省かもしれませんが、それを大きく後押ししたのは紛れもなく日教組です。また日の丸・君が代は戦争に結びつくという、それこそ強引なこじつけをして、子どもに日本から見た歴史を教えようとしない、主権国家としての権利ばかり教えて責任を教えないのも現在の日教組です。
多くの国では、国旗や国歌を法律で明文化するような事はしません。なぜなら、どちらもその国に自然と根付いて明文化する必要もないからです。日本は情けない事に、法律で国歌・国歌を規定しないと教育現場で教えようとしないのでわざわざ法制化したのです。しかし、私が出席する小学校や中学校の入学式、卒業式ではほぼ例外なく校長と教頭以外は国歌を歌っていません。場合によっては校長、教頭でさえ歌っていない学校もあります。
この様に、中山大臣発言の中でも本質的に正しい事もあるのだから、総理も他の大臣も国会議員も、このまま日教組が大きな発言権をもつ教育現場を変えていく!!という議論を起こしていかないと、何のために大臣までが国政を混乱させて発言したのか意味がないですよ。この私の考えにも反対の方もいるでしょう。少しこんな事を書くと知識人ぶった人からは右翼と言われますが、この考えが真ん中だと思ってるんですがね。国だけじゃなくて地方からも行動を!自分の子どもには、日本や地域に誇りを持てるような教育をしていきたいですよね。


長野やすひろのひとこと
携帯版ホームページQRコード 龍馬プロジェクトページへ 林英臣政経塾ページへ 別府市ページへ 別府市議会ページへ 自民党大分県支部連合会ページへ